嫁が体調不良で不機嫌。。夫が考えるべき1つの解決法とは?

こんにちわ。まーすけパパです。

先日も起こりました、嫁の体調不良。

嫁が体調不良の時は極めて機嫌が悪く、触る神に祟りなしなのですが、今回も最悪の自体(夫婦喧嘩)が勃発してしまいました。

今回はその経緯や嫁からの要望、そして解決法について深く考えたのでお話しようと思います。

嫁の体調不良=不機嫌orz

さぁやってきました嫁の体調不良!(今回は生理痛+熱)

ってな感じで、嫁の体調が悪い時=機嫌が悪い。そのため一歳半の子どもへの当たりが強くなり、外野の私は耐え難いものがあります。。

女性の大きな声というのは非常に甲高く響きます。私は自宅で仕事をしているため、仕事中にも関わらず甲高い声で子どもを怒る声が丸聞こえするので、ものすごいストレスと戦いながら仕事をしています。

もうね、疲れるんですよ・・マジで・・

人にもよると思いますが、ウチの嫁は体調が悪いと、非常に機嫌が悪く、「私は体調が悪いのに!」とまるで腫れ物に触るかのごとく自分を扱うのがすごいめんどくさいです。

夫婦喧嘩勃発

初日、二日目と我慢したのですが、事(夫婦喧嘩)が起こったのは三日目の夜。

二日間嫁の不機嫌さに疲れ果て、どうしようもなく胃が痛くなってしまい、夕方に昼寝をしてしまったのですね。

実は体調の悪い嫁を気遣って、「夕飯は俺が買ってくるよ」と言ってあったのですが。。

ハッと起きた時には体調不良の嫁が夕飯を作っている・・

「これはヤバい」

と思ったことは的中し、夕食を作ってくれてありがとうがないことに激ギレ!!!!!

違うんです。俺としては疲れ果ててしゃべりたくもなかったんです。そんな言い訳は通らず、毎度のことながら酷いことばかりを言ってくる嫁。

「あなたの地元には戻らない」とか、「離婚する」とか、「子どもは絶対渡さない」とか、言いたい放題ですわ。

そもそも現在嫁のことを尊重し、嫁の実家のほど近くに引っ越してきてるんですよ。結婚する時は私の地元に住むと言っていたのに。

で、私の親の悪口を言い始めたので、キレました。

私は嫁の家族と仲良くし、悪口を言ったことなんてありません。(嫁も仲良くはしてくれています。)

嫁の親は片親でお金もないため、旦那である私が毎月数万円を工面してるにも関わらず、私の親の悪口を言われブチ切れたというわけです。

夫として私が至らなかった点

そんなこんなで言い合いになるも、結局はいつものことながら嫁が大泣きするため、私が謝ってその場を鎮めました。

そして喧嘩した翌日は義母がウチに遊びに来るとのことで、昨日の喧嘩はなかったかのように振る舞う。(正直嫌でしたが・・)

昼食を食べた後、ジムのため一時的に義母が帰宅した時に「昨日は酷いことを言ってごめんね」と嫁からも謝罪してもらいました。

その後は少し話をし、嫁が私にどうしてほしいかにしっかり耳を傾け聞くことに。

嫁曰く「例えば喉が痛いと訴え、体調が悪い時は、「痛いよね。辛いよね。」と受け止めて欲しい。」「子育てはイライラするよね。しかたないよね。」そんな風に言葉をかけて欲しいとのことでした。

この辺り、男としては正直「めんどう」に感じる部分です。

しかしながら嫁と向き合わず、耳を傾けなければ、相手を理解することは不可能です。

嫁の体調不良に関しては、今回少しだけ理解できましたし、人間として少し成長できた気がします。

嫁としっかり向き合う

今回の夫婦喧嘩で「向き合う」ということについて深く考えました。

向き合うと辞書で調べてみると

互いの正面と正面とが相対する

と書いてあります。

相手に対して、その人の立場や想いや状況を理解してあげる。
自分としては、自分が言われて嫌な言葉を使わずに本音で対応する。

向き合うとはこういうことなのだと感じました。

そして逆に向き合わないとは、問題から目をそらすことであり、問題から逃げることに他なりません。

そんなことをしていては夫婦の距離は一向に縮まりませんし、夫婦が崩壊するのも時間の問題となりますからね。

解決法は「どうしたら◯◯できるか?」を自分に質問すること

嫁としっかり向き合うということは、言い換えれば問題を解決していくことと言えるでしょう。

今回の件で言えば、嫁が体調不良になると不機嫌になる。不機嫌になると結果喧嘩になる可能性が高い。

では「どうしたら喧嘩にならずに済むか?」「どうしたら体調不良の時に嫁が不機嫌にならないで済むか?」と自分に質問をし、その解決策を考え続け、行動することが大事なのだと思います。

まとめ

今回は嫁と向き合うの重要性に気づかされました。向き合うのは正直めんどうです。しかしめんどうから逃げていてはダメ。

  • 察してくれ(言わなくても分かるだろう)
  • こんなことを言ったら嫌われる
  • 自分だけが我慢すればいい
  • 話し合おうとすると「うるさい」と出て行ってしまう

こんな考えや行動をするのはNG。

めんどうでも、しっかりと相手と向き合い良好な関係づくりを行う努力が必要ですね。

追伸「本日の家事・育児」

さいごのさいごに本日私が行った家事・育児をログとして残そうと思います。

  • 朝洗濯を回し、15時に取り込みたたむ作業を行った。
  • 昼食(肉とほうれん草ソテー)を作った
  • 夕食(カレー)を作った
  • 16時から17時半まで子どもと外で遊んできた
  • 夜は子どもと遊んで過ごした

家事や育児については嫁を助けるという意味でもありますが、日本の古い考えのまま生きていることが嫌なので、時間がある時は率先してやっています。その理由は、時代に最適化できていないことで現代を生き抜くことが難しいと考えているからです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヒロの嫁 より:

    お疲れ様です。

    「女性ホルモン」について検索してみると、解決の糸口が見えるかもしれません。

    私が生理で苦しいときは、リラックスした体勢をとり、身体を温め、お腹をさすってもらうことで
    怒りや悲しみが消え、穏やかな気持ちになれます。

    応援しています。

    • wp-mama119 より:

      >ヒロの嫁さん
      コメントありがとうございます!
      女性ホルモンについては嫁とふたりでNHKで特集を見たりして理解はしているのですが・・
      ヒロの嫁さんに教えていただいたことを実践させていただきますね!
      本当にアドバイスありがとうございます^^