子供と七夕を楽しもう!短冊の色にはどんな意味があるの?由来は?

七夕 短冊

これから七夕(7月7日)がやってきますね。“短冊”に願い事を書いて笹の葉にくくって燃やします。

自分の子供が毎年どんな願い事を込めて書くのか楽しみですよね。

七夕の歌にも出てくるこの“短冊”に願い事を書く風習、そもそもどんな経緯があるのでしょうか?素朴な疑問について調べてみましたので参考にしてください。

七夕の由来・なぜ短冊に願い事を書くの?

そもそも七夕の行事は中国の乞巧奠(きこうでん)というお祭りで、このお祭りが日本に伝わってきたと言われてます。

そのころ日本では7月7日に棚機津女(たなばたつめ)と呼ばれる契の行事が行われていました。

この棚機津女(たなばたつめ)と乞巧奠(きこうでん)が一緒になったといわれています。

日本で七夕の風習が広まった当時は、短冊を飾る習慣はなかったようです。その代り五色の糸を飾っていました。何故かというと、昔、七夕は“裁縫の上達を願うお祭り”だったからです。

織姫さんは“織”姫ということで機織りや裁縫の象徴でもあるんです。 

その後、五色の糸が布に変わり、江戸時代には紙の短冊に変わっていきました。短冊へと変わったころに短冊に願い事が書かれるようになりました。

短冊に願い事を書くようになったのは、さらに別の理由があります。まだ七夕の風習が貴族の行事だった時代に、木の葉に和歌を書いて吊るす風習がありました。和歌の披露という側面もありましたが、墨と筆を用いることで書道の上達を願う事が本来の目的。

これが後に、短冊に願い事を書く風習へと変化していきました。短冊に色画用紙や折り紙が使われるのは五色の糸の名残なんですね。

短冊の色(五色)で何が違う?

短冊に使われる色は、実は五色で決まっているそうです。

七夕の歌でも歌われていますが五色

“青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)”

を吊るすのが正式なものです。

青(緑)・・・徳を積む、人間力を高める。冷静沈着、安心、信頼。

・・・・・・父母や祖父への感謝をあらわす。決断を表す。

・・・・・・人間関係を大切にする、友情。お金。

・・・・・・義務や決まりを守る。

黒(紫)・・・学業の向上。

うちの娘は五色の中で“赤”が好きなので何も考えずに赤を選ぶと思いますが、親にとっては嬉しい意味があったんですね~。でも、キュアラブリーになる決断をしているって事ですね!

なぜ五色?

これは陰陽道において自然を表す「五行説」というものが由来になっています。

五行の色はそれぞれ自然の特徴を表しているんです。

まとめ

七夕は中国のお祭りと日本の風習が一緒になって生まれた。

短冊は昔は五色の糸だったが次第に短冊に変化した。

短冊には五色の色があり、それぞれに意味があるため、願い事により色を変えると良い。

さいごに

どうでしたか。今年の七夕が来るのが楽しみになってきましたね。

願い事が叶わなくても、今年は子供と一緒にどんな願い事を書こうか、どんな色を選ぼうか説明を加えながら楽しみたいと思います。皆さんも一緒に楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする