新生児のベビーベッド!種類は?準備するときの注意点は?

新生児 ベビーベッド

新生児を迎えるときに、用意した方が良いのか悩むのがベビーベットです。色々な種類や、もしもベビーベットで寝てくれなかった時の対処法をまとめましたので参考にしてみてくださいね。

ベビーベットを準備するときの注意点は?

メリットとデメリットを考慮する

メリットとデメリットを把握したうえで購入しないと、後で、「こんなはずでは!?」という事が多くなってしまいます。

本当に必要かどうか考える

購入していざ使おうとしたら、なくても意外に何とかできて、物置になってしまったというケースもありますので、本当に必要か良く調べてから購入しましょう。

レンタルか購入かどちらが良いか考える

いずれは要らなくなるベビーベットなのでレンタルを利用するのも手です。レンタルの場合は、必要がなければすぐに返却できます。購入した場合は、使わなくなったら知人に譲ったりリサイクルショップに買い取ってもらったりしている方が多いようです。

高さや使いやすさを考える

ママやお世話する人の膝や腰に負担がかからないような高さか、ベットの大きさや高さ、扉の開閉方法などをよく確認しましょう。

ベビーベットの種類

サイズはスタンダードとミニがあります。

スタンダード(内寸:120×70) ・・・2歳頃まで使えます。

ミニ、コンパクト(内寸:90×60)・・・コンパクトだが、寝返りをうつようになるとぶつかってしまう。

※これ以外にもメーカー独自のサイズがあるが、その場合は専用の特殊なサイズの布団を用意しなければならないので注意しましょう。

機能は様々。お好みでベットを選べます。

  • キャスター付き
  • 扉の開閉が両方からできる。
  • ハイタイプ
  • 収納付き
  • 扉がスライド式で開く
  • 床の高さがかえられる(2・3・4段階)
  • ベビーサークルの機能がある。
  • すのこで通気性が良い。
  • ネットタイプ

安全マークが2種類あるので確認する。

PSマーク・・・(Product Safety)国が定めている安全基準に合格したものにつけられています。

SGマーク・・・(Safty Goods)製品安全性協会の定めている審査に合格したものにつけられています。

※国内で作られたベビーベットにはどちらかのマークが必ずつけられています。どちらかのマークがないものは使用を避けましょう。

新生児の赤ちゃんが寝てくれない時の対処法

新生児の赤ちゃんがベビーベットで寝てくれないのには幾つか理由があり、このような対処法が良いと思われますのでいくつかやってみてください。 

  • 寝心地の良さそうな肌触りの良いベビー布団を選ぶ
  • ベビーベットと大人のベッドの高さを同じにし、つなげる。
  • ベットガードなどでぶつかっても痛くない様にする。
  • ベット周辺の温度を気にし、ベットが冷えないような場所に置く。
  • 手足をくるみ、S字カーブを作って安心させる。

新生児によって個人差もあるので、上記の対処法をやってもダメな場合は、赤ちゃんが寂しがりやで常にお母さんの温もりが欲しいのかも知れません。基本、赤ちゃんは皆そうなのですが、色々な方法でやってみてダメな場合はベットからおろして添い寝してあげてください。その際は、新生児の赤ちゃんをつぶさないように気を付けてくださいね。

ベビーベットのメリット・デメリット

メリット

  • 高さがあるのでほこりから赤ちゃんを守る。
  • おむつ替えが楽。
  • 兄弟やペットがいる場合はいたずらや誤って踏んでもらうことを防ぐ。
  • 一人寝が身に付く。

デメリット

  • 使用期間が短い。
  • 置くスペースがいる。
  • 夜の授乳の時にさっとあげれない。

さいごに

いかがでしたか?少しでも皆さんのベビーベット選びに役立つ情報を提供できたらと思います。新生児によっても違うのですが、身近な先輩ママの話やネットでYahoo!知恵袋などで他の人はどうしているのか、経験談など色々と調べてみるのも良いですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする