五月人形は誰が買うの?端午の節句のマナーと常識

五月人形 飾り方

初めて男の子を出産し、迎える初節句。自分のお子さんやお孫さんを心からお祝いしてあげたいですよね?

ですが、初節句では分からないことばかり。五月人形は誰が買う?のでしょうか。

自分の実家の両親に聞いてもよく分からない。かといってパパの実家の両親には聞きづらいものですよね。

特に相手が厳しい家系の場合ですと、こうした常識やマナーについてしっかりとした知識、振る舞いを行わないと、裏で何を言われるか分かりませんからね。

そんな五月人形が誰がかう?の疑問にお答えしようと思います。

五月人形は誰が買う?ママの実家?パパの実家?

初節句 端午の節句

女の子の場合だと、ママの実家が雛人形を送るというのが常識的となっていますが、男の子の五月人形の場合については、誰が買うという決まりが特にありません。

初節句ということで、ご実家の両親、相手の両親などからお祝い金などを貰うことも多いでしょう。

そういった場合、そのお祝い金で五月人形を買う、鎧兜を買う、鯉のぼりを買う、などすれば良いでしょう。

いまやシングルマザーの家庭も増えてきていますし、個々の家庭の事情を踏まえて、相談の上、購入することをおすすめします。

地域によって違うの?関西と関東

鯉のぼり

上記では誰が買うという決まりはないと説明しましたが、補足として関西と関東での地域性の違いもありますので説明しますね。

「五月人形は誰が買う?」について、関西ではお嫁さんやお婿さんの両親が多い傾向にあり、関東では嫁ぎ先の両親が多い傾向にあるようです。

ですので地域性やしきたりなどにこだわる方は、こうしたしきたりを守って買ってあげても良いと思います。

私自信は関東に住んでおりますが、あまり厳格にしきたりを守ってはいません。ですが最低限のマナーや常識は守り、相手の両親に「彼は(彼の家)はしっかりしてる」と思ってもらうような努力をしています。

五月人形はいくらくらい?相場はあるの?

五月人形

五月人形を買うことになった時に気になるのが料金や相場ですよね。

とはいえ五月人形の価格はピンキリです。安いものであれば数千円程度ですし、高いものでは60万円くらいするものもあります。

一般家庭であれば2万円〜5万円程度のものが妥当かと思います。

また、飾る場所や部屋の広さによって、五月人形の大きさも異なりますので、そういった部分も計算して購入しましょう。

二人目(男の子)が生まれた場合どうすればいいの?

Fotolia_56405076_XS

この記事を読んでいただいてる方はおそらく一人目の男の子が生まれた初節句かと思いますが、もしも二人目が生まれて、その子が男の子だったというケースもあります。

「はっ」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そういった場合「五月人形は誰が買う?」で誰が買うという決まりがない中、片方の実家の両親にばかり負担が行ってしまうのはよろしくないですよね。(私の立場で考えた時、すごく恐ろしいことです。)

ですので、こういったケースの場合を想定して、初節句での購入時はバランスも考えることが大切になります。

そして、二人目の時は、一人目では兜しかなかったので、刀剣を揃える、鯉のぼりを買ってあげるなどの工夫されるのが良いでしょう。

さいごに

五月人形は誰が買うという明確な決まりはありませんが、地域や家系によっては母がた(ママ)の実家が買うという慣わしも中にはあるようですので、個々の家系のことを考慮しながら決めるのが良いでしょう。

一番大切なのは生まれてきた男の子を心からお祝いしてあげるという気持ちです。

すくすくと育ってきて、鎧や兜を認識するようになると五月人形を飾ることなどが楽しくて仕方がなくなります。そんなことも考えながら子どものことを第一に考え、将来家族揃って楽しく飾り付けができるような五月人形を家族みんなで相談して購入してあげてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする