5月〜6月の花粉症の原因と種類は?症状と対策は?

 花粉症 子供

5月になってもまだ花粉症の症状がある・・4月のスギやヒノキなど花粉のピークは終わっているのになぜ?原因は?

私も花粉症で特に4月は辛いのですが、私の友人の子供は1年の中で5月〜6月が一番のピークのようで、くしゃみと鼻水が止まらず、外に出ると目が痒くなってしまうようです。

同じような悩みを抱えた方がいらっしゃるだろうと、その友人に代わって5月〜6月にかけての花粉症の原因を色々調べてみましたので参考にしてみてください。

5月〜6月の花粉症の原因や種類

花粉

一般的な花粉症のピークである4月のスギやヒノキが終わった5月。実は5月から6月にかけてもたくさんの花粉が飛散しています。

5月から6月にかけての花粉症飛散植物は、イネ科(ハルガヤ、カモガヤ、チモシー、ホソムギ等)ハンノキ、シラカバ、オリーブ、ギシギシ、ヘラオオバコ、ヒメスイバ、バラ、オオバヤシャブリ、コナラ、リンゴ等です。

実に多くの花粉が飛散していますが、それに加えて地域によってはPM2.5の影響もあるようです。

5月〜6月の花粉症の症状

花粉症 子供

一般的に花粉症の症状と言えば、

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 目のかゆみ

が挙げられますが、人によりその他の症状が出る方もいるようです。

食後に口・のど・唇のかゆみやピリピリ感

食事の後に口・のど・唇のかゆみやピリピリ感などの症状を起こす人も居ます。

そうした症状を起こす人は花粉症と共に口腔アレルギー症候群(OAS)というアレルギー症を起こしてる可能性も高いのです。

そのような症状がある方は、お近くの耳鼻咽喉科(耳鼻科)などで診察してもらいましょう。

咳、リンパの腫れ、背中の痛み、胸の圧迫感

また花粉症の症状では?という中には、咳が出る、リンパが腫れている、背中に痛みがある、胸に圧迫感があるなどの症状がある人もいるようです。

こうした体調不良の原因として花粉症を思い浮かべ、病院へ行くと、PM2.5の影響ということも多いようです。一般的なくしゃみや鼻水、目のかゆみに加え、こうした症状がある方は、お近くの耳鼻咽喉科(耳鼻科)で診察されることをおすすめいたします。

5月〜6月の花粉症の対策

花粉 ウイルス 対策

外出時の花粉症対策

5月〜6月の花粉症についても基本的な対策は通年同じです。外出の予定がある方は下記のような対策を事前に行ってください。

  • テレビやインターネットで花粉の飛散状況をチェックする。
  • 外出時はマスクやメガネ、帽子を着用し、花粉に付きにくいツルツル素材の服を着る。
  • 外出時は花粉症の薬(飲み薬、塗り薬、点鼻薬)を持つ。
  • 帰宅時は家に入る前に服などに付いた花粉を払う。
  • 帰宅後はしっかりうがいをし、洗顔なども行う。

家の中での花粉症対策

  • 窓やドアを締め、花粉の侵入を防ぐ。
  • こまめに掃除をする。細かい花粉は家を締め切っていても侵入してきてしまいますので、こまめに掃除機をかける、床を拭くなどの対策を行ってください。
  • 布団を外に干さない
  • 洗濯物もできる限り家の中で干す。外で干すのであれば、取り込む際に花粉を払う。
  • 空気清浄機を活用する。

さいごに

いかがでしたでしょうか?私は4月のピーク時に花粉の症状が酷く、様々な対策を行っていますが、家の中での対策としては空気清浄機がおすすめです。

効くのか分からないし、電気代もかかるからと使っていなかったのですが、使ってみてその効果に驚きました。また実際に使ってみると、電気代も大してかかりませんでした。

様々な対策を行ってもダメなようなら、耳鼻咽喉科(耳鼻科)に行くのが一番かと思います。病院で出してもらう薬は市販薬に比べ効きが良いですし、保険が効く分、安く買えるというメリットもありますからね。

また小さな赤ちゃんで鼻水が止まらないような状態なら、耳鼻科で吸い取ってくれますから赤ちゃんもラクになり機嫌も良くなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする