1歳の誕生日を一升餅でお祝いしよう!由来や背負わせ方は?

1歳 誕生日 一升餅

わが子がこの世の中に生まれてきてくれた日から一年。

出産の痛みがずいぶん昔の様だと感じるママや、あっという間だったと感じるパパ、様々だと思いますが、赤ちゃんにとって初めてのお誕生日には間違いありません。ぜひ思い出に残るお誕生日会でお祝いをしてあげたいものです。

日本では昔から1歳のお誕生日には一升餅でお祝いをする習わしがあります。一升餅でのお祝いの由来やどのようにするとよいかなどをまとめてみましたのでご参考までに。

1歳のお誕生日になぜ一升餅なのか

もともと日本ではお誕生日をお祝いする習慣はあまりなかったのですが、1歳のお誕生日だけは特別だったようです。

今も日ごろからお餅を食べる人は少ないようですが、昔からお餅はお祝いの席などの特別なときにしか口にするものではなかったため、この1歳のお誕生日にはお餅を準備してお祝いする習わしが全国的にありました。

一升餅とは一升のもち米でついた餅のことを言い、形は地域によって異なるようですが、一般的には丸い形が多いようです。一升餅の「一升」は「一生」、丸い形は「円満」とされ「一生食べ物に困らず、一生健やかに、一生円満に」という意味が込められているそうです。

この一升餅を生まれて初めてのお誕生日の席に使うことで、その子の健やかな成長を願う、いわば願掛けのようなものとされています。

一升餅は1歳の誕生日の席でしか出てこない特別なお餅なので、ぜひお誕生日には準備しておきたいものです。

一升餅でのお祝いの仕方

一升餅でのお祝いの仕方は、地域によって様々ですが、多くの地域ではお餅を風呂敷に包み、背負わせて歩かせる方法が多いとされています。また、一升餅を踏ませ、餅の先に置いたいくつかのアイテムを子供に選び取らせるという方法もあるようですが、こちらは全国的にみても少数の地域で行われているやり方なので、詳細は割愛させていただきます。

一升餅の背負わせ方

一升餅の背負わせ方としては、風呂敷でお餅をくるみ、赤ちゃんの一方の肩から反対の脇の下を通す形で斜めにかけて、背中にお餅がくるような形で、胸の前で縛る背負い方が昔から用いられてきたやり方です。

斜めがけバックのような餅を入れるバッグで、赤ちゃんの肩にかけるものもあります。

また、ベビー用品を扱っているお店などで最近よく見かけるのは、前後に5合ずつのお餅を入れられるポケットが付いているエプロンのような形のお祝い用の服もあります。これは、まだ歩くことの難しい赤ちゃんには、お餅の重さが両方の肩に均等にかかるので、斜めからかける風呂敷タイプや斜めがけバックよりも、場合によっては安心して使えるアイテムになるかもしれません。

注意点

一升餅を背負わせる場合の注意点としては、大人にとっては大した重さではなくても、1歳の赤ちゃんにとってはかなりの重さを感じてしまうものです。赤ちゃんの体に負担がかかってしまうので、無理をさせないようにしてあげてください。

また、背負わせて歩かせる際は必ずパパやママがサポートをしながら行うようにしてください。

使ったお餅はどうするの?

今でこそ家族だけでお祝いをする家庭が増えていますが、昔からお祝いの席には、家族だけでなく親戚や近所の方など多くの人が集まっていました。そして一升餅はお祝いをした後、皆さんに分けて配るものとされています。そのため、今でも集まってお祝いをしてくださった方たち、また、その場に参加できなかった親戚やご近所さんに分けて配るものとされています。

初めてのお誕生日での一升餅なので、みんなでおいしくいただきましょう。

ただ、主役の赤ちゃんはまだ離乳食が完了していない時期ですので、のどに詰まらせては大変です。赤ちゃんに食べさせるのは避けておくのがいいでしょう。

最後に

赤ちゃんが生まれて一年。様々なことがあって大きく成長した一年になったと思います。主役はもちろん1歳になる赤ちゃんですが、ママになって1歳、パパになって1歳、みんなにとっての初めてのお誕生日です。みんなにとって思い出に残る素敵なお誕生日にしてあげてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする