食中毒の予防!食べ物は?

食中毒 予防 食べ物

暑い季節、食中毒が怖い時期になってきました。ニュースでも食中毒の話がいくつかあがっていますね。食中毒の予防法や食べ物はどんなことに気を付けたら良いのかを調べてみましたので読んでみてくださいね。

食中毒予防の基本

食中毒は、原因となる菌やウィルスが食べ物に付着し、その食べ物を食べて体内に入ることにより発生します。

食中毒の原因となる菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』

食品に細菌がつかないようにする、増やさない環境にする、増えていてもやっつけてしまえば大丈夫です。

食中毒の原因となるウィルスを『持ち込まない』『広げない』『つけない』『やっつける』

ウィルスの場合は食品中では増えず、体内に入ってから増えるので体内に入るのを防ぐ事が重要なカギとなります。また、ウィルスの場合はごくわずかな付着で発生してしまうので注意が必要です。

食中毒の予防、6つのポイント

1. 買い物の際のポイント

  • 肉・魚・野菜などの生鮮食品は新鮮なものを選んで買いましょう。
  • 購入の際は、消費期限を確認しましょう。
  • 生鮮食品を購入した際は、保冷し、できるだけ早く帰宅しましょう。(外出の最後に買い物をするようにしましょう。)
  • 肉や魚は汁がもれないようにナイロン袋に入れましょう。

2. 家庭での保存の際のポイント

  • 購入してきたものは、きたくしたらなるべく早く冷蔵庫に入れましょう。
  • 冷蔵庫の詰め過ぎに注意しましょう。多くても7割位が目安です。・・・詰め過ぎてしまうと冷蔵庫のききが悪くなり、温度が高くなってしまいますので注意しましょう。冷凍庫も同じです。
  • 肉や魚は汁がもれないようにナイロン袋に入れましょう。
  • 肉や魚を扱う際の前後には必ず手洗いをきちんと行いましょう。・・・汚い手で肉や魚に触って、加熱が不十分だった場合、食中毒になってしまいますので扱う前後できちんと手洗いを行いましょう。石鹸で洗い、流水で流すことで菌やウィルスがなくなります。
  • 暑い時期は、冷蔵庫の温度を10度以下、冷凍庫は-15度以下に設定しましょう。

3. 料理の下準備の際のポイント

  • 井戸水を使用している家庭は水質を確認しましょう。・・・井戸水に菌やウィルスが混入していて食中毒になったケースをよく耳にしますので、水質を調べておきましょう。
  • 料理の前にきちんと手洗いをしましょう。・・・鼻をかんだ、おむつを替えた、肉・魚・卵を調理する前後、ペットを触った、トイレに行ったなどの場合もきちんと手洗いしましょう。
  • 使った道具はすぐに流水と洗剤で洗いましょう。すぐに洗えない場合は熱湯をかけましょう。
  • 肉、魚、卵などの取り扱いには注意し、使った道具を使いまわししない。

4. 調理の際のポイント

  • 十分に加熱しましょう。中心部の温度が75℃で1分は加熱しましょう。
  • 調理を中断する際は、冷蔵庫に入れましょう。
  • 電子レンジ加熱で熱が伝わりにくいものは、かき混ぜてから再度加熱しましょう。

5. 食事の際のポイント

  • 調理前の食品や調理後の食品を室温に長く放置してはいけません。
  • 清潔な食器とお皿、箸で食事をしましょう。
  • 温めなおす際は75℃以上になるようにしましょう。

6. 残った食品の取り扱いのポイント

  • 良く冷えるように浅い容器に小分けして入れましょう。
  • ちょっとでも怪しいと思ったら思い切って捨てましょう。

食中毒が予防できる食べ物4つ

以下の4つの食べ物には殺菌作用がありますので食中毒予防になります。

  • 梅干し
  • しそ  
  • にんにく
  • ワサビ 

さいごに

いかがでしたか?冷蔵庫の詰め過ぎなど、知らないこともたくさんあったのでとても勉強になりますね。食べ物で予防もできるなんて是非取り入れていきましょう。今年の夏はかなりの猛暑らしいので、気を付けて買い物、調理、提供、保存していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする