すぐに離婚を口に出す嫁。私なりの夫婦喧嘩の解決法を考えた

こんにちわ。まーすけパパです。

先日嫁と些細なことで大喧嘩。その原因とは洗濯ハンガーです(苦笑)

たかが洗濯ハンガーされど洗濯ハンガー

先日の朝の出来事。いつものことながら微力にも嫁の手伝いをしようと思い、洗濯物を干そうとしたときの話。

私は洗濯の量を見て、洗濯ハンガーを二つ使いたいのですが、いつも置いてある場所に洗濯ハンガーがない!ので、嫁に聞くとベランダのゴミの所にあるとのこと。

それを使おうとした時、嫁は洗濯ハンガーがもうひとつ邪魔だったようで、ごちゃごちゃ小言を言ってきたので、「うるさいうるさい」と言い返すと、それにスイッチが入ったようでぎゃーぎゃーぎゃー始まり、私もたかが洗濯ハンガーでぎゃーぎゃー言われブチ切れ、そのまま大ゲンカに

もうね。くだらないんだよ。

たかが洗濯ハンガーでなんで朝からこんな疲れなきゃいけないんだよと。

嫁は小一時間ずーーーとごちゃごちゃ言ってるし、私は頭が痛くなるし最悪。2歳のこどもは泣くしさ。

夫婦喧嘩って、本当にネガティブですよね。。

で、ウチの嫁は夫婦喧嘩をすると、すぐに離婚を口に出す、ホント子供みたいなやつなんですよ。。(そのくせ2人目が欲しいとか言うし)

ま、こんな感じで今回の夫婦喧嘩の原因と経緯と私の愚痴(爆)を語りましたが、これだけでは単なる愚痴日記!また同じことの繰り返しになるので、今後の夫婦喧嘩の解決法を自分なりに考えまとめてみることにします。

私の考えた夫婦喧嘩の解決法

私は大きな夫婦喧嘩をすると下記のような流れで精神や心身に影響を及ぼします。

  1. 喧嘩する
  2. 喧嘩することでマイナスな感情が動く(頭にくる、むかつく、疲れる)
  3. 仲直りしたとしても喧嘩の時に言われたことなどを思い出すと腹が立つ
  4. 後を引くほどの喧嘩の場合、疲れが残り、日々の元気を奪われる

こう順番にして書き出してみると、一貫してネガティブなことだと見て取れますよね・・

なので、私が考えた夫婦喧嘩の解決法としては、ネガティブなことをポジティブに変えるという戦法です(笑)

上記で挙げた3と4をポジティブに変えます。

3の仲直りしたとしても喧嘩の時に言われたことなどを思い出すと腹が立つというのは、要は自分は悪くない、悪いのは嫁。そんな風に相手のせいにして頭にくるという感情だけに流されている状態だと思うのです。

なので、これを相手のせいにするのではなく、「もしかして自分が原因」と矢印を自分に向けてみるのです。(あくまで自分に矢印を向けるのであって、自分を責めることではありません。)

夫婦喧嘩になった時というのは、日頃の鬱憤を爆発させる場でもありますので、嫁に自分のダメな点を指摘されることがあるでしょう。

その指摘された自分のダメな点(直してもらいたい点)にフォーカスしてしっかり自分自身を見直すようにするのです。

こうすることで「アイツが悪い」などと嫁のせいにするというネガティブでマイナスの感情から、自分を成長させよう!というポジティブでプラスの感情に変わるなぁと考えたのです。

ちなみに今回私が嫁に言われたことは、

  1. 話し合いを避けようとする(疲れるし、めんどくさいから)
  2. いままで一人で自由に生きてきたから、共同生活や対話がきちんとできない

とのこと(苦笑)

まぁ「おっしゃる通り」なのですが。。

ってことで、私的には他人との共同生活や対話の難しさをしっかり理解し対策を取ろうと思いましたし、嫁の愚痴や小言が飛び交う話し合いにも面と向かって立ち向かおうと思います!

夫婦喧嘩の謝るタイミング

今回、朝っぱらからかなりの大ゲンカをしましたが、ウチの場合、以外と仲直りするのは早いです。(夜には仲直りしてました。)

夫婦喧嘩で頭に来た私は子供のめんどうを見ながら外出。少し頭を冷やせたこともあり、帰りにセブンイレブンで嫁にスパークリングワイン2本とつまみのさけるチーズを買い帰宅。

普通のテンションで嫁に「買ってきたよ」と手渡し、夜には仲直り。

そしていい空気になったタイミングで謝りました。

不器用な人はなかなか謝るタイミングが分からないと思いますが、まずはちょっとした手土産などを買ってあげて、少し空気が和んだタイミングで「今日はごめんね」と一言言ってみてください!

先に書いたネガティブをポジティブにマイナスをプラスに変えられていれば、普通に謝れると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする