夏の出産準備!ママと赤ちゃんに必要なものまとめ

夏 出産 準備

夏の出産に向けて何を準備したら良いのでしょうか?

暑いですから、お着替えもたくさん用意しておかないと足りなくなって慌てて買いに行かないといけなくなるかも知れませんよね。

足りないぐらいがお財布には優しいですが、事前にきちんと調べてリストアップしておくと便利ですよ。少しまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

夏の出産に必要なもの

肌着・ウェア

短肌着・ノースリーブ肌着(合わせて5~6枚)

コンビ肌着(5~6枚)・・・短肌着と重ねて使う肌着です。

ツーウェイオール・プレオール(3~4枚)・・・前開きで、足の方にボタンが付いていてドレス型とオーバーオール型と二通りの着せ方ができる。

胴着(1~2枚)・・・朝晩の体温調節の際に着せる、ベストの事です。

アフガン(1~2)・・・おくるみで、冷房対策やお昼寝、なんにでも使えます。

ガーゼハンカチ(10~15枚)・・・吐いてしまったり、授乳時、なんにでも使えるので便利です。

ソックス(1~2)・・・冷房対策にあると足が冷えなくて良いですよ。でも、枚数は少なくて良いです。基本はアフガン・おくるみで、よっぽど寒い時はソックスを履かせます。

ミトン(1~2)・・・主に引っかき防止に使います。洗い替え用にもう1枚あった方が良いですね。

授乳スタイ(3~6枚)・・・吐いてしまったり、授乳時ふけるのでつけておくと便利です。必要な場合には用意しておきましょう。

セレモニードレス(1着)・・・退院時やお宮参りなど、撮影用にあると良いですね。でもこだわらなければ、回数使わないのでなくても良いです。

布おむつ(30~40)

布おむつカバー(3~5枚)

オムツネット(10~15枚)・・・布おむつに使う、ネット。おむつ替えの都度清潔なものに交換する。

長肌着(1~2枚)・・・夏は要らないかな、と思いますが、朝晩の寒い時や急に寒くなった時にあると良いです。

帽子(1~2)・・・退院時にかぶせたりしますが、セレモニードレスとセットで売っている場合が多いです。

ケア用品

綿棒・・・赤ちゃん用の綿棒を用意しましょう。大人サイズは大きくて赤ちゃんには使えません。

つめきりばさみ

清浄綿

おしりふき

体温計

温湿度計・・・赤ちゃんの近くに置きましょう。

オムツバケツ(必要な場合には用意しましょう。)

体重計・・・自治体の保健センターや近くの育児支援施設にありますので、ご家庭で用意する必要はありませんが、大人が赤ちゃんを抱っこして家の体重計ではかるのも手です。大まかな数値はわかります。

ミネラルミスト・ファブリーズ・・・洗えないものに臨時的に使います。

オフログッズ

湯温計

ベビーソープ

バスタオル・バスポンチョ

ガーゼバスタオル

ガーゼタオル

ベビーローション(必要な場合には用意しましょう。)

ベビーバス・・・はじめから湯船に入れるのも手です。その際は必要ありませんね。

洗面器・・・赤ちゃん用の洗面器があると良いですが、なくてもかまいません。

授乳グッズ

哺乳瓶

乳首

ボトルブラシ

乳首ブラシ

消毒器

授乳クッション

授乳まくら(必要な場合には用意しましょう。)

ミルカー・・・現在はキュータイプのミルクもありますので必要はないかもしれません。

お部屋グッズ

お布団セット

カバーリング

キルトパッド

防水シーツ

タオルケット

綿毛布

メリー

バウンサー・ハイローチェア(必要な場合には用意しましょう。)

プレイマット・・・なくても大丈夫です。あれば便利ですね。

ベビーベッド・・・一人目の赤ちゃんの場合は無くても大丈夫です。

お出かけグッズ

マザーバッグ

ベビーキャリー

インナーパッド

ベビーカー

チャイルドシート

おむつ替えシート

オムツポーチ

消臭ポーチ

哺乳瓶ケース

帽子

便利グッズ

スリーパー・・・赤ちゃんが寝るときに布団をはいでしまうので着せておくと寝冷えしなくていいですね。

授乳ケープ・・・お出かけの際は必須です。でも、夏は暑く、涼しい素材を選ばないと、母子で汗だくになってしまう可能性もあります。授乳ケープとして売っているものでなくでも、普通のストールを巻いて代用しているママもいます。

汗取りパッド・・・赤ちゃんはあせっかきなので大活躍アイテムです。

スーパーの袋・ナイロン袋・・・おむつ替えの汚れたオムツを入れたり、吐いてしまったり汚してしまったものを入れておくのに便利です。持ち歩くと良いですよ。

さいごに

いかがでしたか?準備するものってたくさんありますよね。

でも、すべてそろえても使わないものもありますので、必要な場合は用意しましょうの項目は退院してから検討しても良さそうです。

どうしてもという場合があれば、前もって準備しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする