赤ちゃんの夏の服装や肌着は?紫外線や冷房対策はどうしたらいい?

赤ちゃん 夏 服装 肌着

肌の弱い赤ちゃん、肌トラブルの対処や体調管理が大変ですよね。夏なのに気が付いたら風邪をひいていた、気が付いたらブツブツができてしまった・・なんてことはしばしばありますよね。

そんな赤ちゃんのために、夏の服装・肌着や紫外線・冷房対策について調べてみましたので参考にしてください。

赤ちゃんの夏の服装(外出編)

服装について

赤ちゃんは大人に比べて体温が高く暑がりなので、衣類の枚数や厚さは大人より1枚少なくて大丈夫です。(※注意 生後1か月位までは大人と同じで大丈夫。)

ただし、体温調節機能が未熟な為、汗をかいて湿った服をそのままにしておくと、体が冷えて風邪をひいてしまいます。そのため、汗をかいたら着替えをするか、背中に汗取りガーゼ(ガーゼハンカチ)を入れて取り換えるのが良いでしょう。

基本は、汗をかいたらシャワーで流してからお着替えをすると、肌トラブル(汗疹、湿疹)にならなくて良いのですが、外出先の場合は濡れたタオルで体を拭いてあげてから、お着替えをするのがオススメです。保冷剤と一緒に持ち歩くと、汗を拭くときにひんやりして気持ちいいのでオススメです。

紫外線対策について

赤ちゃんの肌は大人に比べ、デリケートな為、直射日光によって日焼けだけでなくやけどや水ぶくれになってしまうことがあります。なので、帽子をかぶらせてこまめに日焼け止めを塗ってあげましょう。帽子は、ハットタイプのもので、首まで焼けないように布がついているものが首の後ろまで焼けないのでオススメです。ベビーカーも取り付けるタイプの大きい日よけや紫外線対策グッズが売っているので調べてみてくださいね。

赤ちゃんの冷房対策(屋内編)

外出(屋内の施設)の際は、冷房がしっかりきいている場所が多く、暑い外から入るので、薄着&汗もかいているので急速に冷えます。

特にスーパーはかなり冷えているので赤ちゃんを連れていく際は必ず冷房対策をしなければいけません。おくるみ・ブランケット・カーディガン・レッグウォーマーなどの薄手の防寒グッズを常に持ち歩いていると良いですよ。

背中に手を入れてひんやりしているようならば赤ちゃんが寒がっているサインです。

肌着

赤ちゃんも大人と一緒で肌着が必要?と思いますが、真夏は、暑いので、下着を着せていると汗をかきすぎて肌トラブル(汗疹・湿疹)の原因になります。外出しても良いようなデザインで、肌触りが良く、吸湿性の良いタンクトップやロンパースなど1枚で大丈夫です。

とにかく汗をかきますので、お着替えは多めに持っていくのが良いでしょう。オムツも当然ムレムレなのでこまめにかえてあげましょう。おむつ替えの時にお水でさっと流してあげるとオムツかぶれの心配も少なくなります。

小さいペットボトルのふたに穴をあけたものをものを持ち歩いて使うと良いですよ。

まとめ

  • 赤ちゃんは大人に比べて体温が高く暑がりなので、衣類の枚数や厚さは大人より1枚少なくて大丈夫(※注意 生後1か月位までは大人と同じで大丈夫。)
  • 汗をかいたら着替えるか汗取りガーゼ(ガーゼハンカチ)などを替える。
  • 汗をかいたら肌トラブル(汗疹・湿疹)予防のため、濡れタオルなどで体を拭く。
  • お散歩などの外遊びの時は、ハットタイプの帽子をかぶらせて日焼け止めはこまめに塗る。
  • 真夏は肌着は着なくても、外出でも良いようなデザインで、肌触りが良く、吸湿性の良いタンクトップやロンパースなど1枚で大丈夫。
  • おむつかれぶれ対策で、小さいペットボトルのふたに穴をあけたものをものを持ち歩いて、水を入れ、おむつ替えの際に使うと良い。

いかがでしたか?デリケートな赤ちゃんの肌と、体調管理、しっかりしてあげたいですよね。

これで暑い夏を赤ちゃんと一緒に楽しみながら乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする