赤ちゃんの夏のエアコン!温度は?夜寝るときはどうすればいい?

赤ちゃん 夏 エアコン

暑い夏、大人でも夏バテや熱中症になってしまいそうですよね。小さな赤ちゃんの場合はエアコンや温度はどうすれば良いのでしょうか?

また夜寝るときはエアコンをつけていいのでしょうか?そんな疑問を解決するコンテンツを作ったので是非参考にしてください!

まず、赤ちゃんの事を知ろう

体温調節機能が未発達 

赤ちゃんは体温調節機能が未発達で、汗をかいて体表の温度を下げ、体温を調節し、体温調節機能の練習をしています。

汗腺の数は小さな体に大人と同じ数ある為、とっても汗っかきです。

また、たくさん汗をかく為、冷えやすいのでエアコンの効かせすぎや直接風が当たらないように注意しましょう。

汗をかきすぎると汗疹ができ、ひどくなると飛び火になってしまう危険性が!

たくさん汗をかく赤ちゃんですが、そのまま何もせず放っておくと、汗疹ができ、かゆくてかきむしってしまうと酷い時は飛び火(※1)になってしまう危険があります。

そのため、赤ちゃんが汗をかきすぎない環境作りがカギになってきます。

また、汗をかいたらすぐに水で流してあげて着替えてあげることが大切です。

※1 飛び火とは?

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、虫刺されなど、かゆい所をかきむしっていると、水ぶくれができ、それがつぶれて水が他の所につくと、その場所がまたかゆくなって、とどんどん広がっていきます。

この症状の場合は早めに皮膚科か小児科を受診して処置してもらいましょう。放置すると症状が広がって大変です。

赤ちゃんにとってエアコンの快適な温度は何度?

暑ければエアコンやサーキュレーターなどを効果的に使って赤ちゃんに快適な環境を作ってあげましょう。

設定温度は26~28℃に設定し、赤ちゃんが汗をかきすぎないように、体温が36度を保てるように調整します。

また、湿度は40~60%が目安になりますので、市販の温湿度計があると便利ですね。熱中症指数もわかる温湿度計が売っていますので探してみてくださいね。温湿度計は、赤ちゃんの近くの触られないような場所に置くようにしましょう。

2~3時間を目安に外気を取り込んで、調整すると良いですよ。

夜寝るときはどうしたらいい?

真夏は夜も暑く、寝ているうちに熱中症になることも懸念されます。また、赤ちゃんは大人より体温が高く、汗をたくさんかく為、夜も暑くて眠れないような時にはエアコンを使いましょう。

  • 設定温度は高めに設定。28℃位が良いですが、汗をかきすぎているようであれば少し設定温度を低めにしても良いでしょう。
  • タイマー機能はエアコンで冷えていた部屋を急に暑くするのでよくないかもしれません。あまりにも暑い時はエアコンをつけっぱなしでも良いでしょう。
  • 汗をたくさんかいているようなら着替えて体を拭いてあげましょう。水分を用意しておいて欲しがるようであれば水分補給をしましょう。
  • 布団をかけすぎないようにしてください。お腹にタオルケットをかけてあげるだけで充分です。

さいごに

いかがでしたか?これで赤ちゃんを守ってあげれそうですね。

エアコンの使い過ぎは良くないと言いますが、よっぽど低めの設定温度でなければ効果的に使えます。

朝はエアコンを使わずに過ごせそうなときは汗をかいて遊ばせて、そのあとシャワーでしっかり汗を流し、暑くなってきてからエアコンを使うのでもいいと思いますよ。ぜひやってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする