赤ちゃんの汗!頭がびっしょりなのはどうして?対策は?

赤ちゃん 汗

夏になると、赤ちゃんの頭って汗びっしょりになって水を浴びたみたいになりますよね。

今回はその理由と緩和方法について記事を書きましたので、参考にしてください。

赤ちゃんの頭が汗びっしょりなのはどうして?

赤ちゃんは小さな体に大人と同じ分の汗腺があります。

体温調節機能が未発達な為、表皮の温度が高くなると汗をたくさんかいて体温を調節しています。

従って暑い季節は特に汗をたくさんかきます。脳が熱を持って熱くなり過ぎてしまうのを防ぐために、頭にたくさん汗をかいて温度を調節をしているのです。

寝汗は特にすごい!

赤ちゃんがお昼寝している時の方が起きている時よりも頭にたくさんの汗をかいていることが多いですよね。

眠くなってくると、赤ちゃんの体が熱くなってきますので、その分起きている時よりもたくさん汗をかきます。

頭が汗びっしょりの時の予防と対処法は?

予防

髪を短くしておきましょう。

髪を短く切っておけば、汗をかいても拭きやすいし、熱もこもりにくいのでオススメですよ。

帽子をかぶる場合はこまめに日陰で帽子を脱がせましょう。

帽子をかぶるときに中にガーゼを入れて、日陰で脱がせたときに汗で濡れていたら新しいものにかえてあげましょう。日陰で脱ぐと、蒸れていても風通しが良くなるので良いですよ。

お昼寝の際は頭にタオルかガーゼを当てましょう。

お昼寝の時は特に頭にたくさんの汗をかきますので、たまに見てあげて汗をかいているようであればタオルかガーゼをかえてあげましょう。

室温を快適に保ちましょう。

気温が高くなると赤ちゃんが汗をたくさんかいてしまうので、快適な気温にしましょう。体温が36度になるようにエアコンなどを使って調節しましょう。

頭の周りに洗面器などに入れた、凍らせたペットボトルをいくつか置いてあげる。

お昼寝の際はこの方法で赤ちゃんの頭の周りだけひんやりします。でも、これば寝返りを打たない赤ちゃんのみにしか使えない方法です。

対処法

シャワーを浴びて汗を流す。

汗をかいてしまった時は、出来る限りで良いのでシャワーで汗を流してあげましょう。もし出来ない環境の時は、濡れタオルで拭いてあげるので大丈夫です。

快適な温度の所にばかりいると運動汗腺が減ってしまう!?

赤ちゃんが快適な温度のところにばかりいると、運動汗腺が減ってしまい、汗腺の数が少ないまま大人になって熱中症になりやすくなってしまいます。なので、エアコンで部屋をキンキンに冷やした室内ばかりにいるのはよくありません。

エアコンを使う場合は室温を26℃~28℃位にして、体温を36度に保てるようにしましょう。

日中は汗をかいたらシャワーを浴びて、夜寝る前はエアコンを利用して眠りやすい環境を作ってあげるのがオススメですが、日中あまりにも暑いようでしたら、エアコンを使って上手に室温を調整してあげましょう。

さいごに

いかがでしたか?赤ちゃんが頭に汗をかいてしまうのは仕方のない事のようなので、できるだけ軽減してあげて、暑い夏を乗り切って行きたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする